2016年12月11日日曜日

ペパニカ「第九」ありがとうございました。

この土曜日、ベートベンの「第九」を、ペパニカを中心にたくさんの自作楽器で演奏してみようというライブ企画を試みてみました。

初めてのプロジェクトなので、ふたを開けてみないとどんな風になるか全く予測がつかなかったのですが、当日のリハーサルでなんとか全体図ができあがりました。

参加アーティストには尊敬する、大好きなミュージシャン「ミクロムス」と「サキタハヂメ」さんに出演いただきました。
当初はペパニカで「第九」と思っていたのですが、声をかけたミュージシャンが全員自作楽器を作っていることがわかり、これは全部を一緒に演奏したら面白いんじゃないか?と企画魂に火が付きました。

できあがりは...おそれおおくも指揮をさせていただいたのですが、めちゃくちゃ楽しかったです!
教会の響きとやさしい空間がなんとも言えず、完成されていない楽器を必死に演奏するいい年をした大人たち。
参加いただいたお客様に「第九で大笑いするとは思わなかった、楽しかった!」と笑顔で言われたことが、とても嬉しかったです。


そして今回、名前は出さなかったのですが須磨にある作業所のみなさんにペパニカだけで演奏のステージに立っていただきました。
...まだペパニカが全く知られていない頃に知り合った作業所のスタッフの方から相談を受けて初めて出張でペパニカのワークショップをしに須磨まで訪れました。

ペパニカの製作は難しいので、作業所のみんなが作れるのかとても不安でしたが、作業所スタッフさんにサポートいただいてみんなで一緒に24個のペパニカを仕上げました。

普段からハンドベルの演奏をしていたこともあって、仕上げてすぐにみんなで「カエルの歌」を演奏してくださり、とても感動したのを覚えています。
それ以上に印象的だったのが、作ったペパニカからプイと音が鳴った瞬間に作業所のみんながケタケタ笑いだしたことです。
蛇腹を張り合わせると音が出ることが、面白くて仕方がなかったようで、クスクス、ケタケタ、大笑いしながら作りました。

私は職人肌であまり気の利いたことを言える人間ではないのですが、みんなが音が出ただけて笑顔になってくれたことが本当に嬉しかったです。

その後、ワークショップをするたびに、老若男女共通で音がでると笑顔になってくれることが嬉しくて仕方ありません。
私なりに人を笑顔にできる方法があるのだと。

今回の「第九」も演奏を聞きながら笑ってくださることが同じように嬉しかったです。
また開催できるようにがんばります。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

2 件のコメント:

  1. つい先程、関西テレビでハチミツさんが紹介されてたのを拝見してお邪魔しました。
    第九、聴いてみたかったです♪
    またちょくちょくお邪魔しますので、次回予定が上がるのを楽しみにしています(^。^)矢野

    返信削除
  2. 矢野 敬さま
    コメントありがとうございます!
    興味持っていただけて嬉しいです。
    年明けに、このブログはホームページにまとめる予定にしておりまして、またそちらのほうでよろしくお願い致します。
    岡田 路子

    返信削除